確かな情報による人材確保。そして企業調査。ビジネス戦略に必要な情報の調査、お任せください。ご相談御見積無料フリーダイヤル0120-399-703


フォントサイズ変更
債権・不良債権問題
相次ぐ建築・不動産関連企業の倒産

アメリカのサブプライム問題から端を発した日本の不動産不況は、銀行の貸し渋りに繋がり、相次ぐ不動産関連会社の連鎖倒産を引き起こしました。また、建築基準の規制強化と原油高による世界的な建設資材の高騰も原因とされております。


平成バブルの際も、不動産神話は脆くも崩壊しました。あの時と同じ現象が今起ろうとしています。 今後は、少し前までは優良債権だった物件が、或る日突然、不良債権に変わってしまうことも多々あるでしょう。

債権問題は早めに対応することをお勧めします。

債権・不良債権の問題解決
企業は営利団体ですから収益が命。お悩みの債権の回収のお手伝いをスムーズにかつ合法に回収する方法に是非調査をご利用ください。
債権は「生き物」であり大変デリケートな問題です。まずは債務名義の有無を確認させて頂き、私どもの長年の資産調査の実績により的確な調査方法のアドバイス・お見積もり(無料)を提示致します。当然、機密保持契約書もご用意致しておりますので、まずはご相談ください。

債務者の行方不明捜索
人を探す場合大きく分けて二つの種類があります。

01.所在調査(相談内容例:対象者が居場所を隠していないが 居場所が分らなくなったケース)

・昔の恩師・恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分らない。
・自分は今結婚しているが、昔の彼・彼女は今どうしているのか?
・旅行先で出会ったあの人と会いたい。
・最近知り合った人はどんな人なのだろう。
・疎遠になっている親類・縁者。
・悔やまれる別れ方をした、恋人・友人・知人。
・前の職場・アルバイト先の、先輩・同僚・後輩に連絡を取りたい。
・生き別れになってしまった、親・兄弟に会いたい。
・電話番号は知っているが住所が分らない。
・離婚して会えなくなってしまった子供に会いたい。
・小・中学校時代に仲の良かった友人に連絡を取りたい。


02.失踪・家出人調査(相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース)

・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。
・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。
・妻が、子供を連れて出て行ってしまった。
・交際相手が突然に音信不通になってしまった。
・金銭を貸していた相手がいなくなった。
・夫・妻の交際相手の居所を知りたい。
・遺産相続のため、居所の判らない血縁者を探したい。
・結婚を前提にお付き合いしていた人がいなくなった。
・息子・娘が家出をした。
・別居中の夫・妻が居場所を教えてくれない。
・詐欺を企てた人物の行方を知りたい。

再開までの第一歩、まずはご相談からフリーダイヤル0120-399-703 ご相談フォームはこちらから 東京本部 ご相談窓口 大阪本部 ご相談窓口
フォントを小さく フォントを大きく フォントサイズをリセット